読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

deuxpoints’s diary

子育て、趣味、習い事、日々の出来事など

インフルエンザがやってきた

学校から幼稚園から電話、ドキッとしますよね

先週の金曜日の昼頃、次女ニコの小学校の担任の先生から電話がありました。

「インフルエンザのお休みが多く、13時半ごろから下校します。月曜と火曜は学級閉鎖です」とのこと。クラスは32~33人だったと思いますが、11人お休みだったんだって。

 

ニコは咳をしたり鼻水でしたが、熱はなく月曜と火曜も普通に家で過ごしました。

 

やれやれ、と思った本日水曜日、今度は幼稚園の先生から電話。

「お昼ご飯を全然食べなくて。お熱を測ったら38度でした。今から迎えに来れますか?」

かかりつけの病院に予約をしてから、幼稚園に迎えに行ってみると職員室でミイちゃんが待ってました。

 

幼稚園の先生が「冷えピタ貼ろうか?」と聞いているけど、何も答えません。

ちょっと他の先生と話している間にちょっとだけ食べたらしい給食をもどしちゃいました。

「あ~だからお話しできなかったのねぇ」と先生たち。

気持ち悪いとか吐きそうとか上手く伝えられなかったんだなぁ。

 

ミイの幼稚園では月に2回ぐらい水曜日に水泳やらサッカーやら造形やら自分で選んだ特別活動の日があるのですが、ミイちゃんは水泳を選んでます。

プールへ行った時もお腹が痛いと言っていたそうなんですが、結局ちゃんと水泳はやったそうです。

朝はいつも通り元気だったので、急に体調が悪くなっちゃったのかな。

病院へ。インフルの検査はまだできなかった

家に帰り予約の時間まで1時間ぐらいウトウト眠って、病院に行きました。

病院の受付で体温を測ると37.6度。う~ん、これはインフルエンザじゃないのかも?

一応小学校の学級閉鎖のことも伝えました。

先生曰く、お腹がちょっとゴロゴロいってるので、この後下痢になるかもしれない。

インフルエンザの検査をした方がいいと思うが、まだ熱が出始めてから時間が経ってないので、今検査をしてもウィルスが出ないかも、検査しますか?と言われたので、検査は断って様子を見ることにしました。

熱が下がらないようなら明日また検査をしましょうとのことでした。

 家での様子、熱は高いけど機嫌は悪くない

家に帰ってくるとアンちゃんとニコちゃんも帰宅済みでした。

二人を見て元気になるミイちゃん。

「薬もらったんだよ~」と自慢します。(ミイがもらう薬は甘いので嬉しい)

 

ニコはやっていた宿題も投げ出して遊ぼうとかテレビ一緒に見ようとかちょっかいかけてばっかり。

ミイもニコニコしてるので、まあ大丈夫かなぁ、このまま熱下がるかなぁと思ってましたが、晩御飯前に測ったら38.5℃…。

晩御飯は思ったより食べましたし、「薬飲みたい~」と起き上がってきたりとそんなに体力が奪われてるって感じでもなさそう。

熱は高そうですが寝られない程じゃないみたいなのでひと晩様子を見てまた明日病院で見てもらおうかと思います。

 

 

翌日再び病院へ。A型でした

そうはいっても夜は熱くてあまり寝られなかったみたい。
朝はいつもより早く目が覚めていて、ご飯をちょびっと。いつもの1/3ぐらいでもういらないと、薬を飲んでまた寝てしまいました。

熱は38.5℃。これはやっぱりインフルっぽいな。

予約して病院へ。鼻水を取って、5分ぐらいで結果が出ました。

Aの所にうすーく陽性の線が。

リレンザにするか、タミフルにするか聞かれました。

5歳ぐらいから吸引できるそうでしたが、粉のタミフルに。

異常行動の可能性もあるので、必ず大人がそばにいるよう言われました。

 

f:id:deuxpoints:20160219213201j:plain

 タミフルと一緒に渡された紙。「たみちゃん」頬っぺたと口の関係が気になる。